浜中洋輔プロフィール

 

「幼少時代」

1980年9月21日東京生まれ。

幼少の頃よりピアノに親しみ、

ディズニー音楽やスティービーワンダーを聴いて育つ。

14歳の時にランディー・ローズのプレーに衝撃を受け、

ギターを始める。

       

 「中・高時代」

中学・高校時代はバンド活動に明け暮れる。

この頃は自分のバンドでオリジナルのハードロックを

演奏しながらジミ・ヘンドリックス、

レイナード・スキナードや

オールマンブラザーズバンドまでをかなり聴き込む。

1999年4月の高校卒業と同時に米国ボストンへ

音楽留学を目指し渡米。

 

「ボストン時代」

ボストンでは英語学校へ通いながら

2000年1月にバークリー音楽大学助教授

トモ藤田先生と出会い、以後3年間師事する。

2000年5月バークリー音楽大学、

パフォーマンス学部ギター専科に入学。 


 「バークリー音楽大学時代」

入学してからは毎日6−7時間の

ギター練習をこなしながら、

音理論を学ぶ日々を送る。

作曲、編曲の基礎はこの時期に学んだ。

3年生ではその演奏の技術を認められ、

学内選抜ギターアンサンブル・トップ5の1人に選ばれ、

以後1年間リーダーを務める。

在学中は多くのセッション、

レコーディングとライブ活動を行う。

特に多数の女性ジャズシンガーとのセッションを経験、

歌バンを一つの得意ジャンルにする。

また、自身もジャズの魅力にのめりこみ

ニューヨーク在住のギターリスト、

ピーター・バーンスタイン氏と

運命的な出会いをきっかけに師事。

最前線で活躍する憧れのジャズマンの

その本質を学ぶ機会を得る。

ピーター・バーンスタイン氏との出会いをきっかけに

頻繁にニューヨークを訪れ、

本場のジャズシーンを体験。

最先端のジャズライブを数多く体験する。

在学中は学業成績も好調で5回にわたり、

Dean's list(成績優秀者)に選ばれる。

2003年12月にバークリー音楽大学

パフォーマンス学部ギター専科を卒業する。

2003年末、日本に帰国し、活動を開始する。

 

「現在の活動」

2004年3月に横浜の「ギターの東大」の

ギター講師に就任。

5月にイクタ☆アイコ(avex)の「DREAMSHIP」

(フジテレビ系アニメONEPIECEのエンディングテーマ)

PVに出演。

8月には東京FMのDJ nonaのデモレコーディングの為に

日音にアレンジ提供をする。

8月にはラジオ日本AM1422khzの看板番組

「大人のJAZZTIME」(毎週土曜日23時〜24時放送)に

ゲストとして出演。

9月から12月までは番組内に

浜中洋輔コーナーを設けていただき

毎週ギター演奏を放送。

9月にはInter FMのジングルの為に曲を提供。

12月は日テレの「HAPPY Xmas SHOW2004」に

ごまっとう(後藤真希、松浦亜弥、藤本美貴)の

バックギタリストで出演!

2005年2月には大塚愛(avex)の2月9日リリースの新曲

『黒毛和牛上塩タン焼き680円』の

プロモーションでギタリストに抜擢!

以下のメディアに出演。

・2005年2月5日NHK総合・デジタル総合・BShi

ポップジャムスペシャルin神戸

・2005年2月12日TBS系列 CDTV

 

大塚愛(avex)の5月11日発売の新曲

「SMILY」のプロモーションでギタリストとして出演!

・5月13日(金)NHK総合・デジタル総合・BShi 

ポップジャム

・5月14日(土)フジテレビ系 MUSIC FAIR21

 

2006年5月  日本テレビ系 ウタワラに松浦亜弥

・和田アキ子のバックでウクレレを生演奏!


2006年夏 音楽劇 モダン出世双六

『天国を見た男』にギタリストとして参 加!

作/鈴木哲也・マキノノゾミ 演出/マキノノゾミ

出演/沢田研二 南野陽子 

茂山宗彦 冨岡 弘 若杉宏二、

すわ親治 野田晋市 山口智恵 

佐藤 綾 蟷螂 襲 累 央 宴堂裕子 

音楽/Coba 振付/南 流石

ミュージシャン/浜中洋輔 片桐勝彦 菊地信司

 

 

「夢」

ギターという楽器で音楽の楽しさを

伝えていきたいと思っています。